診療案内

Treatment Contents

虫歯の治療について

「歯が痛む!」「しみる!」「歯が黒くなってる!」

こういったことで歯医者に来院される方は少なくありません。
当院ではまずそれが虫歯なのかどうか、また虫歯である場合削る必要があるかないか、神経まで取るか取らないかを検査し、それに応じた治療をしていきます。

通常の検査より精密な検査が必要な場合はダイアグノデント(虫歯の深さを数値化する機械)、マイクロスコープを使い検査して行きます。

検査後処置を確定して行きます。

01コンポジットレジン修復

虫歯をとった穴に、プラスチックを接着させて固める治療です。接着のシステムはどんどん進歩している為、適応できる虫歯の範囲も広がってきています。

02直接・間接覆髄

虫歯が大きく神経が入ってる箱に穴が空いた時もしくは近接している時に行う処置です。
神経を残すために、お薬をひいて、詰め物をして行きます。

03インレー修復

虫歯をとった穴に、金属もしくはセラミックをセメントでくっつける処置です。虫歯をとった後に、形を削って型取りを行い、その型からできあがってきたものをセメントでくっつけます。

歯の根っこの治療について

虫歯が大きく神経まで達している場合、咬むと痛い、歯茎にデキモノがあるといった症状がある場合は根っこの治療が必要になることがあります。

歯の根っこの治療では歯の中の神経を取って根っこをお掃除する治療をしていき、最終的には感染を防ぐために根っこの中を封鎖します。

また再度感染し、根っこの先に膿が溜まってしまった歯も同じように治療して行きます。
歯の根っこは非常に細かく、肉眼では見ることができないため、複雑な作業となります。そのため当院では必要に応じてマイクロスコープの拡大視野にて治療を行い、より細かく根っこの観察を行っています。

歯周病治療について

歯周病は歯茎の中の細菌が原因で、歯を支える骨が溶けてしまう病気であり、成人が歯を失う原因第1位の病気です。歯周病はお口の中の食べかすや歯の磨き残しによって歯垢ができ、それが除去されず硬くなることで歯石となり、それを足場として感染が進んでいきます。

歯周病の治療の処置は以下の通りです。

01スケーリング・ルートプレーニング

歯周病が発症し、歯周ポケット(歯と歯茎の間の溝)が深くなってしまうと、いくら歯磨きをしてもその中を掃除することはできません。そういった部位は歯周ポケットの中の歯垢、歯石を取るため、超音波や手用の器具を使用し、洗浄して行きます。

02歯周外科処置

外科処置は歯茎の中の汚れをより細かく取る為、またより感染しにくい口腔内環境を作り上げるために行います。

03メンテナンス

治療が終了したらメンテナンスを行って行きます。歯周病は定期的なクリーニングを行うことで再発を防ぎ、コントロールをしていくことが大切です。日頃のケアだけでは維持できない部分を当院でしっかりフォローして行きます。

入れ歯の治療について

歯を失ってしまった場合にその部分を補う方法の一つが入れ歯です。歯が抜けたところをそのままにしておくと、前後の歯が倒れ、上の歯は伸びてきて、咬み合わせが変わってしまいます。入れ歯は抜いたところを単純に補う為ではなく、残っている歯を守ることが目的です。

入れ歯の治療は以下の通りです。

01入れ歯

保険適用の入れ歯。総入れ歯または、部分入れ歯。

02シリコンデンチャー

シリコンデンチャーとは入れ歯の裏側をシリコンで覆った新しいタイプの入れ歯です。

シリコンデンチャーの特徴

  1. 歯茎に優しい
    生体用のシリコンは弾力があるため、噛んだときに歯茎を優しく保護します。
  2. 外れにくい
    顎の動きにも対応して吸着するので、外れにくい性質があります。
  3. 痛くない
    通常の入れ歯のように、歯茎と入れ歯の間に隙間ができないため、咬んだ時の痛みもなくなります。

シリコンデンチャーはこういう人にオススメです!!!

  • 食事をするときに痛い
  • グラグラして入れ歯が安定しない
  • 入れ歯がすぐ外れる

03スマートデンチャー、キレイデス

入れ歯の金具などにより、見た目がきになる人のための部分入れ歯です。歯に引っ掛ける金具を使わずに作成するため自然な見た目にすることが可能です。

インプラント治療について

Institut Straumann AG,2017.All rights reserved

歯を失ってしまった場合にその部分を補う方法の一つがインプラントです。インプラントは歯がなくなった所に人工の歯を埋め込むことで、またそこで咬めるようにしていく治療です。

インプラントの最大のメリットは入れ歯やブリッジと比べて、他の歯を削ったり、負担をかけずに補うことができることです。

デメリットは感染に対して天然の歯より弱いことです。そのため、当院でのインプラント治療ではCT撮影を行ってインプラントを埋める部位の骨の状態や歯茎の状態を精査し、必要に応じて骨を増やす処置、感染に強い歯茎を増やす処置を行い、より感染しにくい環境を整えてからインプラントを埋めていきます。

01ストローマン

Institut Straumann AG,2017.All rights reserved

当院では研究論文、シェア率ともに高く、高いオステオインテグレーション(骨とインプラントがくっつく)が期待できるため、信頼できるストローマン社のインプラントを使用しています。

小児の治療について

お子さんの歯は虫歯治療の他に予防処置、歯磨き指導を定期的に行うことを推奨しています。お子さんの虫歯が神経まで行くと、下にある大人の歯の強さや感染に対する抵抗力にまで影響します。また早すぎる子供の歯の喪失は、後々咬み合わせにも影響します。そのため早期の虫歯治療、予防、メンテナンスが大切です。

01シーラント

奥歯を対象とし、虫歯の好発部位である歯の溝に薄く詰め物をして虫歯を予防するものです。

02メンテナンス

定期的な検診で虫歯・磨き残しのチェックと歯磨き指導、クリーニングとフッ素塗布を行い、予防管理を行っています。