予防歯科

Prevent

治療(cure)から 予防(care)へ

食べる子供誰もがいつまでも健康で美しくいたいと願うものですが、実際、日本人のお口の中はというと、80歳になると歯が8,9本しか残っていないというのが現状です。
(スウェーデンは80歳の残存歯数は20本です。)

これでは、おいしく食事ができません。
では、どうすれば生涯自分の歯を守れるのでしょうか?

その答え、健康な歯を失う二大疾患である虫歯や歯周病にならないように定期的に歯科を受診し、プロフェッショナルな予防(care)を継続していくことです。
なんとスウェーデンでは歯科の定期検診受診率は80%以上です。(日本では10%以下) 定期健診はやはり重要ですね。

治療(cure)をしたくない。大切な歯を抜きたくない。
何でもおいしく食べられて健康でいたい。いつまでも美しく素敵な笑顔でいたい・・・。
当院では、全力でお手伝いをさせていただきます。
さあ、いまから私たちといっしょに予防(care)をはじめましょう。

定期健診のメニュー

歯周病や虫歯に罹っていないかチェックします。

治療後でも悪化しやすい病気なのでチェックが必要です。
もし悪化していたら初期のうちに治療します。

毎日のブラッシングができているかチェックします。

一人ひとりに合ったブラッシング方法を指導します。

歯石など自分で除去できない汚れをきれいにします。

PMTCと呼ばれるクリーニング方法で、歯面はもちろん、歯周ポケットの中など自分で落とせない部分をきれいにします。

歯周病や虫歯のリスクがある部分に薬剤を塗って守ります。

フッ素塗布によりエナメル質が強化されます。


アロマ当院では、定期健診のPMTC(歯のクリーニング)の際にアロマを焚きます。
リラックスしながら、PMTCを楽しんでください。

歯周病の予防

歯周病とは?

歯周病菌歯周病とはこのような細菌が歯を支えている骨をとかす病気です。
また歯と歯のかみあわせが悪かったり強すぎる場合も歯を支える骨に負担をかけ、歯周病を悪化させます。

ほうっておくと最終的には歯が抜けてしまいます。

歯周病の進行と自覚症状

歯周病の進行図説

歯を失う原因について

歯を失う原因のグラフ歯を失ってしまう原因のうち、 歯周病が占める割合はどれくらいだと思いますか?

歯周病は歯が抜けてしまう原因のNo.1です。
ですので、歯周病の予防が大切になるのです

医院で行う歯周病の予防とは?

歯のクリーニング歯周病の改善には、歯と歯茎の間に入りこんでしまった細菌を、できるだけ少なくする必要があります。

そのため、細菌の住みかとなっている歯石の除去など、徹底したお口のクリーニングをします。

いつまでもきれいな歯で生活しましょう

定期健診の必要性