新着情報

information

自立支援医療(育成医療、更生医療)の指定医療機関に指定されました

2014.01.14

佐賀の矯正歯科 佐野歯科・矯正歯科クリニックです。

H25年12月から佐賀県より自立支援医療(育成医療、更生医療)の指定医療機関に指定されました。

自立支援医療(育成医療、更生医療)の指定医療機関とは国の定める先天疾患に起因した咬み合わせの異常に対する矯正歯科治療、ならびに顎の外科手術を要する顎変形症の手術前および手術後の矯正歯科治療が保険で適用される医療機関のことです。

今後、佐野歯科・矯正歯科クリニックは顎のずれを気にされる患者様や下記に記載した国が定める疾患のために咬み合わせの異常が生じた患者様の治療に努力してまいります。

 

《国の定める先天疾患》

唇顎口蓋裂、第一・第二鰓弓症候群、鎖骨頭蓋異骨症、Crouzon症候群、Treacher-Collins症候群、Pierre-Robin症候群、Downs症候群、ラッセルシルバー症候群、ターナー症候群、ベックウィズ・ヴィードマン症候群、尖頭合指症(アペール症候群などが含まれる)、ロンベルグ症候群、先天性ミオパチー、顔面半側肥大症、エリス・ヴァン・クレベルド症候群、軟骨形成不全症、外胚葉異形成症、神経線維腫症、基底細胞母斑症候群、ヌーナン症候群、マルファン症候群、プラダーウィリー症候群、顔面裂筋ジストロフィー、大理石病、色素失調症、口-顔-指症候群、メービウス症候群、カブキ症候群、クリッペル・トレノーネイ・ウェーバー症候群、ウィリアムズ症候群、ビンダー症候群、スティックラー症候群、小舌症、頭蓋骨癒合症、骨形成不全症、口笛顔貌症候群、ルビンスタイン-ティビ症候群、常染色体欠失症候群、ラーセン症候群、濃化異骨症、6歯以上の非症候性部分性無歯症