新着情報

information

保隙装置について

2013.03.01

佐賀の矯正歯科 佐野歯科・矯正歯科クリニックです。

乳歯はいずれ永久歯に生え変わります。

生え変わるといっても、むし歯になって抜けてしまってもいいというわけではありません。

むし歯が大きくなって、乳歯を早く抜くことになると、

奥の歯が前に倒れてきて、永久歯が生えるスペースを埋めてしまいます。

しかし乳歯がなくなっても、すぐに簡単な装置をいれることで将来的にガタガタになったり、噛み合わせが崩れたりすることを予防することが出来ます。

その簡単な装置のことを保隙装置と言います。

むし歯のチェックや生え変わりの確認のために定期的に歯科医院に来院することが大切ですね。