新着情報

information

若年者のむし歯の治療について

2013.02.16

佐賀の矯正歯科 佐野歯科・矯正歯科クリニックです。

子供のむし歯は気がつかないうちに急速に進行することあります。

歯の表面がちょっと黒いぐらいでも中では(象牙質)大きく広がっていることも少なくありません。

むし歯が大きくても、できるだけ神経を抜くような治療はしたくはないものです。

もし小学生や中学生ぐらいで永久歯の神経をとることになったら、その歯をおじいちゃんおばあちゃんになるまで使える確立は著しく低くなるからです。

当院では、神経に達する大きなむし歯でも症状がなければ、むし歯を全部とらずに再石灰化を促すお薬をいれて経過をみるようにしています。その期間はまちまちです。

あとは、歯の修復能力に期待して、

むし歯の石灰化が確認できた時点で最終的な詰め物をします。