小児歯科

Pediatrics

0~3歳までの歯でお母さんに大切にしていただきたいこと

見上げる子供小さなお子様の歯は全部で20本生えています。「どうせ大人の歯が生えてくるから、そんなに神経質になることはないんじゃないの?」...なんて声も聞こえてきそうですね。
実は最近では、お子様の歯にはこんな大切なことがあることがわかってきました。

「噛む」という行為は知能の発達に影響がある!?

食べ物をよく噛むことで、そのアゴの振動が直接脳に伝わります。その脳への振動が脳細胞を活性化させ、知能の発達を促すという学説があります。確かにネズミなどの実験では、歯を抜き、「噛む」ことのなくなったネズミは以前よりも明らかに能力が低下しました。
大切なお子様の将来のためにも、おいしく「噛める」歯というのは大切なんですね。

「噛む」ことで元気な身体をつくる!?

実は食べ物を食べた時にでる「唾液」には殺菌・消化能力があります。これは事情作用といって、本来人間が持つすばらしい能力の一つなのです。その唾液は「噛むという行為で出来ています。
ですから食べ物をきちんと噛める歯にしておかないと、唾液の量も減ります。それにより、胃腸の消化吸収力を助ける能力も減ってくるのです。
そして唾液には、身体の中で毒素を発生させる活性酸素を消す効果もあります。活性酸素は、ガンの原因物質とされており、アトピー性皮膚炎、小児ぜんそく、花粉症など幅広い病気の原因になると報告されています。

<<0~3歳までの歯磨きのポイント>>
小さなお子様は歯を磨くという行為に対して嫌がらない工夫をしてあげることが大切です。ですから、笑顔で優しくマサージをするように歯磨きをしてあげることが大切になります。
1歳くらいは脱脂綿やガーゼに水を含ませて、歯を拭いてあげてください。
2歳くらいは歯と歯のあいだ奥歯のミゾの部分に気をつけてお母さんが磨いてください。
まだ歯磨き粉を使う必要はありません。
3歳くらいはできればお子様に自分で歯を磨く練習をさせてください。
最後にお母さんが必ず磨き直しをしてください。